Come Snow Or Come Shine

今日3月29日は珍しく、満開の桜に雪という景色が観れました。
この週末、東京は外出自粛要請で、不要不急の外出を避ける様にとラーメン大好き(違うか)小池さんからのお願い。基礎疾患を持つ家族が2人もいる我が家も流石に大人しく家でできる事を、、、と思っていたところ、

 

明けて土曜日の朝方4時過ぎ、ピポッ、、、ピポッ、、、とVAD(補助人工心臓)のアラーム音が。そして息子が電話でなんか話してる声。息子の隣の部屋で寝ている私も気付いたものの、寝ぼけているのと寒くて起きれないのと、喋ってるから大丈夫か(おいおいおい)と、その後再度アラームが鳴ってから様子見に行きました。


いや、寝てるときに体から出ているドライブラインというコードが圧迫されて、そんなに気にしなくてもいいアラートか鳴る時が多々あるので、、、、。あまりそれに慣れてはいけませんが(汗)

息子がエラーコードを調べると緊急ではないけど対処が必要な、「クールシール液の補充が必要」というお知らせでした。

この、”クールシール液”というのは、VADの回転を補助するのと、冷却液の役目をしていて、少しずつ体内にも吸収されるので定期的に病院で補充してもらうんですが。今回は思ったよりも早くに吸収された様で既定よりも減ってしまっていて病院に行かなきゃならないやーつー。しかし車の冷却水とかオイル交換みたいでなんか”メカ感”出てますね!!強そう!!機械の体を交換しにアンドロメダに行かなきゃか?

多分ME(VADを扱う技師)さんが9時にならないといらっしゃらないので、9時以降に救急外来に来て補充してもらってとのこと。しかし、それまでの間アラートは健気に5分おきに鳴り続けるので、その度に消音ボタンを押してまた5分後に鳴ってボタン押してを繰り返し(笑)

申し訳ないけど私は運転するから危ないし寝かせてもらって、息子はベッドでうとうとしながら5分おきに何回も消音ボタン押すという、永遠に続く目覚ましとの戦いみたいになってました。大変だったねー(笑)

必要で急を要する用事で病院まで出かけてきましたが、28日の東京はとても天気が良く暖かかったので、帰り道に靖国神社やあちこちの満開の桜が観れ、いいドライブになりました。今日じゃなくて良かったー!!

今日はこんなでした。。。。もう直ぐ4月なのに。。。

そして最近ハマっていて、この時も車の中でずっと流してたり、寝る前によく聞くJAZZ。ジャズギターの “Bucky Pizzarelli “
息子の”John Pizzarelli”も好きでApple Musicで関連で出てくる二人のアルバムを聞きまくってます。お父さんはギターの音色が優しくて、息子はトークも軽快でウキウキ楽しくなる感じ。車に乗っててもずーっとハンドルを指でタカタカしてリズム取っちゃいます。ここのところの暗い空気を振り払ってくれるのでおすすめですよ♫

これは親子共演のやつ。
“Three Little Words”

“John Pizzarelli Live at Birdland”のアルバムのピアノとノリノリでやってるのも好きです。このアルバムはトークも入ってるのでちょっと意味わかんないジョークもあるけど、お嬢様方の笑い声も入っててなんか楽しい。


お父さんの優しいギターは最近の天気みたいな
“Come Rain Or Come Shine”
いや、最近の天気なら”Come Snow Or Come Shine”かな。

Youtubeのこれもなんですけど、Apple Musicでも間違えてて、この曲は
“Come Rain Or Come Shine”
なのに”Sotompin’ At Savoy”と表示されてます。混乱した(笑)
このYoutubeは歌がないインストなんですが、もちろん歌もある有名なスタンダードの曲です。

歌詞の内容は、

I’m gonna love you, like nobody’s loved you
Come rain or come shine
High as a mountain, deep as a river
Come rain or come shine

今までの誰よりも、
晴れた日も雨の降る日もあなたを愛し続けるわ。
山よりも高く、川よりも深く、、、、



という感じです。まー例に漏れずラブソングです。
ちょっと切ない雰囲気の、渋めの曲なので難しい気がして今まで歌ったことはなく。これを機会に練習しようかなーと思ってます。


ボーカルバージョンは ダイナ姉さん
“Dinha Washington”をどうぞ。

、、、、かっこいい♫
気持ちが上がらないとき、音楽聴くと不思議なくらい楽になります。
生で聞いたり自分で歌ったりするともっと楽になります!!
早く皆さんがライブとかセッションに心置きなく行ける日が戻ってきます様に。。。♫